「街の中の夢工場」Blog

あめもと@営業です。

タイトルで何の競技のことかわかる人はほとんどいないと思います。答えはヨット(ディンギー)の大会です。GWに江の島ヨットハーバーでアジア・オセアニア地域のジュニア世代が参加して行われる大会として「420アジア・オセアニア選手権」が行われました。日本の高校生を中心にオーストラリア、タイからもエントリーがあり全29艇で競技が行われたとのことです。ちなみに420というのは全長4.2mの2人乗りディンギー(小型ヨット)でオリンピック種目にもなっている470級より一回り小さく、国際的にユース世代の競技用に普及しているクラスです。

この大会に後輩が出場するというので激励に行ってきました。私は何を隠そう高校3年間ヨット部に所属していました。お気楽に楽しく活動していた私たちの代は東海大会止まりでしたが、後輩は違います。指導者にも恵まれここ数年はインターハイの常連校で数年前は女子コンバインド部門で全国優勝も成し遂げてくれています。

 

今回男子1ペア、女子2ペアが日本代表に選出され出場することをOB会のLINEで知りせっかく近くに住んでいるのだからと応援に行くことにしました。数年ぶりに大船からモノレールに乗りましたが思った以上に揺れてびっくりしました。GWの真っ最中というのに天気が悪いせいか湘南江の島駅も人影がまばらです。

ドラッグストアで差入用にアミノ酸サプリとゼリー飲料を購入しヨットハーバーに向かいます。クラブハウスに着いたものの高校生の姿が見当たりません。行けば誰かしらいるだろうと高をくくって事前連絡もしていなかったので困りました。ヨットハーバーの窓口の方に聞いても要領を得ません。やむなくOB会LINEで呼びかけたところ引率に来ていた父兄が見つかりました、聞けば彼もヨット部のOBで息子さんが出場されるので付き添って来られているとのことでした。

 

選手たちは丁度オフということで江の島を観光しているとのことでしたので差入れを託してきました。翌日から5日間全14レースが行われたようで、女子の2ペアは7位と9位に入賞できたようです。8月のインターハイでは更なる活躍が期待できそうです。頑張れ半高ヨット部!

 

 

2024年6月3日
風邪

あめもと@営業です。

先日久々に寝込むほどの風邪をひいてしまいました。木、金の2日間会社も休み土日もひたすら寝て過ごす羽目になりました。金曜日に病院で検査してもらったことろコロナもインフルエンザも陰性でしたので単なる風邪だったのですが、

辛かったですね。

今回苦しめられた主な症状は喉の痛みと発熱です。水を飲むのも辛い程喉が炎症を起こして2日間雑炊を食べるのがやっとでした。熱も38℃近くまで上がりふらふらになりました。37℃を超えると駄目ですね。昔は多少の微熱であれば平気で動き回れた気がしますが年齢と共に無理がきかなくなっています。

火曜日になりやっと体に力が入るようになりました。病気になると健康のありがたさを実感します。

考えてみると波平さんより1歳若いだけです。世間的にも肉体的にもオッサンどころかお爺さんに差し掛かっている訳です。手洗い、うがいを改めてしっかりしようと心に誓いました。ちなみにアニメ版の公式設定では波平さんは54歳、サザエさんは24歳だそうです。

2024年5月20日
諏訪大社

あめもと@営業です。

先日長野県のお客様を訪問してきました。東名や新東名はよく走るので風景も見慣れたものですが中央道は新鮮です。カーブも多く走りやすい道ではありませんが風景の変化はダイナミックで素晴らしいですね。

渋滞を避けるために朝早く出たら予想外にスイスイと進み長野に入ることができました。このままではアポの時間よりかなり早く到着してしまいます。ということで今回は少し回り道して諏訪大社をお参りすることにしました。車を停めて調べてみると諏訪大社というのは諏訪湖南の上社前宮・本宮、北の下社秋宮・春宮の4社の総称なんですね。4社巡りという言葉もあるようです。時間も限られているのでどこまで回れるか分かりませんがとりあえず行ってみます。

 

最初に訪れたのは上社本宮です。いくつかの社殿は工事中でしたが趣のある立派なお社でした。

諏訪大社と言えば「御柱」思った以上に立派なものです。前回2022年のお祭りはコロナ禍で木落しも氏子による曳行もできなかったようですね。次回の御柱祭は2028年に執り行われるそうです。完全版での開催を地元の人は心待ちにされているのでしょうね。

駆け足で4社めぐってみました。平日で観光客も少なく道も空いていましたのスムーズに回ることができました。ご利益あるといいな。

 

 

あめもと@営業です。

ちょくちょくこのブログでもイヤフォンのネタを取り上げてきましたが調べてみると前回は2022年の11月でした。久しぶりにイヤフォン購入しましたのでレポートします。今回はEarFunという新鋭メーカーの「Free Pro 3」というモデルです。

イヤフォンの専門ブログで評価が高く購入予定リストに入れていたらセールになっていたのでポチっとしてみました。1万円以下ではコスパ最強レベルということでワクワクします。

パッケージはキラキラです。ケースも本体もコンパクト、これで連続再生時間は最大7.5時間、充電ケース込みで最大33時間というのですからたいしたものです。

ノイズキャンセリングを入れると2割程度短くなるようですが全く問題ありません。

 

最初フィット感がイマイチで失敗したかと思いましたが、イヤーフィンやイヤーピースの組み合わせをあれこれ試してみると心地よいでフィット感が得られました。耳に入れてちょっと回転させてやるといい感じです。

さてさて音質の評価です。良いです、良いです。極端に解像度が高いわけではないですがキレがあり、低音もボワつかずしっかりなります。ドライバーの径はφ7ということですが結構パワフルに鳴ります。アプリのイコライザーでの色付けも面白いです。専門ブログでも絶賛されていた「Oluv氏のサイン」という設定が確かに効果的でとてもクリアな響きになります。パラメーターみるととんでもない波形で驚きます。

期待していなかったノイズキャンセリングも上出来です。電車で使用したところガッツリ効果を発揮してくれました。目の前で赤ちゃんがギャン泣きしていましたが、泣き声はかなり遠くに感じられました。半面ノイキャンモードの切り替えはよくわかりませんでした。

総じてコスパ最強に偽りなし、十分満足できるお買い物になりました。

2024年4月22日
田丸城

あめもと@営業です。

先日三重に出張してきました。ちょっとだけ寄り道して度会郡玉城町の田丸城に行ってきました。名所旧跡巡りはB級グルメと並んで出張ご褒美の一つです。アポの時間までの調整なので機会も限られ駆け足で回ることになりますが車移動ならではの楽しみです。

基本的に行き当たりばったりで、事前に調べたりしないので当たりもあればがっかりさせられることもあります。で、今回は当たりでした!入口にあった案内看板を拝見しますと南北朝時代の築城から織田信勝や蒲生氏郷の支配を経て明治維新での取り壊し、国有化といった歴史をたどったようです。それを地元出身の村山龍平氏(朝日新聞の創始者)が国から買い取り当時の田丸町に寄付して城山公園として開放されたとあります。

公園内には城の遺構だけでなく役場、広場、中学校、保育所があり、往時の面影が感じられます。平山城ということで高台に位置し周囲を一望できます。堀や石垣が整備され天守はなくとも見応えがありました。

天気も良く天守跡に立って見渡すと天下取った気分を一瞬味わうことができました。

 

 

 

 

 

2024年4月8日
眠気覚ましの1本

あめもと@営業です。

昼食後に運転していると眠くなる時がありますよね。ひどいときは安全を考え休憩取りますが普段はカフェインを摂取してしのいでいます。エネドリは糖分が気になるのでもっぱらブラックコーヒーかお茶ですが最近のお気に入りはこれ!「伊右衛門BLACK」です。

この手の高カフェイン、高カテキンのお茶はとにかく渋いものが大半だったと思います。渋さがいかにも「効いてる!」という気になるのですが毎回飲むには正直美味しくないと感じていました。その点この商品は渋さがまろやかでとても深みのある味です。キャッチコピーの通り「深い渋みで眠気スッキリ!」です。お試しあれ!

2024年3月25日
栃木のモネの池

あめもと@営業です。

先日栃木のお客様まで納品&母材の引き取りに行ってきました。思いのほか道が空いていて予定よりだいぶ早く到着しそうだったので、近くの「映え」スポットに立ち寄ることにしました。

栃木県佐野市の関東版「モネの池」と呼ばれる出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)です。クロード・モネの「睡蓮」を思わせる絶景スポットとの情報です。紅葉の時期は混雑するとのことですがオフシーズンの平日ということもあり、人影もまばらです。

池を見に行く前にせっかくなので隣接する磯山弁財天もお参りしましょう。かなり急な階段を上ると一気に視界が広がりました。佐野の街(?)が一望できました。このお堂由緒あるものらしく平安時代に平将門を討ったとされる藤原秀郷が建立したそうです。

 

弁財天様にお参りしてお目当ての池を目指します。「名水百選」に選ばれている通り、恐ろしく透明度の高い湧き水です。

正直あまり期待していなかったのですがビックリです。オッサン感激しました。決して大きな池ではありませんが静謐で清浄な空気に満たされていました。写真のテクがないので美しさを伝えきれないのが残念です。アクセスも良いので佐野ラーメン、アウトレットをセットで観光というのもおすすめです。

2024年3月11日
スマホ更新

あめもと@営業です。

 

以前投稿しました通り、スマートフォンを更新しました。更新にまつわるあれやこれやをレポートします。

4年半使用してきたXPERIA XZ2が頻繁にフリーズするようになり、とりあえず初期化しようと休日に息子が以前使っていたHUAWEI P20 liteという機種にデータを移行しました。2018年発売というので5年前の機種ですね。いかんせん本体の容量が小さすぎ(32GB)最低限のアプリでしか運用できません。

で、XPERIAを初期化したら動かなくなってしまいました(泣)「データを消去しています」というメッセージが延々と出続けて文鎮化です。しょうがないのでHUAWEIをしばらく使う羽目になりました。コンパクトで軽くてレスポンスもそんなに悪くありません、が、やはり容量の小ささとバッテリーのへたりはどうしようもなく、セキュリティの面でも不安があるので使い続けるのは無理そうです。

そうこうしていると、次男が修学旅行前にAndroidからiPhoneにどうしても変えて欲しいと頼んできました。友達と写真をやり取りするのが大変だという涙の訴えでした。今のiPhoneの値段の高さに慄きながら購入です。世間の皆さんはどうしているんでしょうか⁈

ということでmotorola edge 20 fusionという機種が空きました。2021年10月発売なのでまだまだ現役世代です。次の週末に又引っ越し作業です。画面はOLEDでデカい(6.7インチ)し、本体容量も128GB、バッテリーも5000mAhと申し分ないスペックです。HUAWEIはOSもアプリも若干独自のクセがありましたが、motorolaはほぼ素のAndroidです。思いのほか快適で、XZ2と比べてもサクサク、キビキビ動きます。このままで使い続けてもいいかなと思っていましたが社長から新機種購入を許可が下りましたのでI嶋とも相談して購入することとなりました。

これからの相棒はXPERIA 5Ⅳです。イメージカラーのグリーンを選んでみました。最新ではありませんがハイエンドモデルですので全てにおいて最高です!サクサク、ヌルヌル動きます。とりわけ感動したのが「音」です。車につないでもイヤホンにつないでもびっくりするほどよい音で鳴ります。やはりSONYはオーディオメーカーとしての矜持があるんだと実感しました。コンパクトなサイズなのにスピーカーの音質も素晴らしい!惜しむらくは標準搭載のmusicアプリがイマイチなことです。音質はいいのですが操作性に難ありで、レビューを見ても評価はあまりよろしく無いのでアップデートに期待します。

短期間にデータの引っ越しを3回、4機種を使うことになりましたがAndroid間のデータ移行は以前に比べるとかなり楽になったと感じました。USBのCtoCケーブルで繋ぎ、ニアバイシェアを併用すれば時間もそれほど掛からず作業できます。ゲームなどをやる人は大変かもしれませんが、思ったよりはホーム画面のレイアウト再現なども含めラクチンになっています。それでも面倒だったのは各種アプリのログインし直しです。パスワードを調べたり、設定し直したりで手間と時間がかかりました。当分やりたくありませんがアプリやデータの断捨離もできましたので良い機会になりました。

 

 

 

2024年2月26日
エコパッケージ

あめもと@営業です。

5年近く使ってきたスマートフォンを更新しました。驚いたのは本体ではなくパッケージです。今までは箱の外側をビニールで包装されていましたが、今回は紙製のスリーブにくるまれていました。開封してみると本体が収納されているトレーも紙製です。ちょっとざらついた面白い手触りで、ガタつきもなく精度の良い仕上がりです。画面の保護に使用されている素材も樹脂系のフィルムではなく紙製のシールでした。

 

改めてスリーブの裏面を見ると「このパッケージはプラスチックを使用していません」と明記されています。コストがどれぐらい掛かるのか分かりませんが時代の要請に応えた取り組みですね。我々も製品出荷の際に過剰梱包になっていないか見直す必要があるなあと感じました。

 

2024年2月13日
2024 神奈川マラソン

あめもと@営業です。

4年ぶりに開催された神奈川マラソンを走ってきました。ハーフマラソンです。調べてみたら過去に6回出場していました。例年この大会には箱根駅伝を盛り上げた学生ランナーが出場します。今回もエントリーリストを見ると青山学院を筆頭に中央、駒沢、東海、日体、国学院、山梨学院など多くの学生さんが出場したようです。一緒に走ると(折り返しですれ違うと)彼らの速さには只々圧倒されます。同じ競技をしているとはとても思えません。

 

さてさて自分のレースを振り返ってみましょう。前日夜から雨が降っており場合によっては雪になるかもという予報でしたが、ありがたいことにスタート時には止んでくれました。ただ気温は5℃以下でスタート待ちで冷え切ってしまいました。スタートしてもなかなか身体が温まりません。特に足裏の感触が変で接地感がありません。4年ぶりの開催でコースも大きく変更されていました。開通した国道357号線の高架部も走るようですし、折り返しが6回もあるようで混乱します。そんなこんなでペースが上がってきません。と思っていると先頭集団が嵐のように折り返してきました!やっぱり速いですね。

10キロ過ぎてもそれほど苦しくありません、脚もまだまだいけそうです。渋滞もなくなりペースも刻めるようになってきました。

横浜マラソンは首都高湾岸線を走ります。景色は良いのですが風の影響をもろに受けます。高速道路なのでカント(片勾配)もきつく走り辛いです。出入口のアップダウンはかなり傾斜が急なので脚への負担が大きくなります。過去3回叩きのめされました。今回の神奈川マラソンで走る高架部は湾岸線の真下2階部分にあたります。見晴らしは良くありませんが防音壁のおかげで風もなくカントも穏やかでとても走りやすい道でした。

ゼリーの摂取でガス欠になることもなく、あれよあれよという間に15キロも通過、太腿裏が少しピクピクしてきましたが何とかなりそうです。意外にペースも悪くないです。

最後まで脚が攣ることもなく無事にゴール!2時間切れればと思っていましたが7回目にしてこのレースでの記録更新、1時間53分27秒でした。パーソナルベストではないのですがセカンドベストが記録できました、上出来です。帰る頃にちょうど表彰式が行われていました。優勝は中央大学の高沼一颯君1時間2分19秒とのこと、改めて彼らの速さに驚かされます。

やはりハーフが良いですね。それなりの苦しさと充実感を味わえ、且つ地獄は見ないで済みます。それに比べフルマラソンはダメです。あれは人間のやるスポーツではありません。と言いつつ今回調子よかったからエントリーしちゃうかも…