代表取締役社長 鈴木信夫のブログ

ラジオの可能性って凄いです!

私は、ラジオが好きで

以前のブログでも書いてきました。

ラジオな人(20141020)
https://daikuron.com/noblog/?p=361

私とラジオ(20140214)
https://daikuron.com/noblog/?p=117

子供の時は母親が内職しながら聞いていた「大沢悠里の悠々ワイド」。
思春期には「オールナイトニッポン」(辻仁成、サンプラザ中野、とんねるず、デーモン小暮、中島みゆき、松任谷由実、etc)
大学以降は東京FM(福山雅治、松任谷由実、やまざきまさよしetc)も増えてきましたが
ドリアン助川さんのAMもハマっていました。
最近だと「JAM THE WORLD」何かも良いですが、

一番聞いているのは

「アフター6ジャンクション」(https://www.tbsradio.jp/a6j/)となります。
有名なラップ歌手「ライムスター宇多丸」さんがMCを務める番組なのですが、本当に内容が多岐にわたっていて面白いです。

そんな中、こんな番組がございました。

2022.09.21水曜日 17:00~
プレスリリース
TBS日比麻音子アナウンサーが、 視覚障がい者のためのバリアフリー音声ガイド制作を担当し、DigiCon6ASIAグランプリ作品『骨噛み』上映会を開催。 ~TBS ラジオ『アフター6ジャンクション』
https://www.tbsradio.jp/articles/59643/

全く、何を言っているか解らないかと存じます。
ザックリ申し上げますと「視覚障がい者の為に、映画に音声ガイドを付ける」という企画でした。

私はラジオドラマも結構好きですし、朗読も好きです。

現在は

司馬遼太郎短編傑作選
https://www.obc1314.co.jp/bangumi/shiba/

なんていうのも、聞いているくらいです。

ですが、いくらバリアフリーの世の中だと行っても、無理して視覚障がい者のヒトに「映画を見てもらう(聞いてもらう)」と、いうのは如何なものか?

と、正直思ってしまいました。

しかし、新しい事が好きは私は、聞いて見ることに致しました。。。。。

正直、驚きと素晴らしさに感動しました。

私は、今回上映された映画を見ておりませんが、是非とも見てみたいと思いますし、その意義について理解できた次第です。

ネタバレ承知でお話しすると、お父さんを亡くした末娘を通して、見える世界を10分の短編映画として纏めています。

音声ガイドが無い場合の音声の比較もあったりして、丁寧に、丁寧に音声ガイドの素晴らしさを伝えていました。

私の知っている世界なんて本当にたいしたことが無いんだなあと。自分は差別や偏見に対して本当に忌み嫌っていますが、
それでも尚、自分の常識の中でしか、経験の中でしか物事を捉えていないのだと、改めて感じた次第です。

現在は、色々な方法で、ラジオを視聴する手段がございます。是非とも経験して頂きたいと思います。

百聞は一見にしかずと申しますが、逆の世界も又有るのでは無いかと感じた夜でした。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 新しい技術(SNS含), 日常のつぶやき, 未分類 | No Comments

懐かしい風景に出会って

コロナ禍に入って、新規営業を担当しているのですが、過日、懐かしい風景に出会いました。

と、この風景のどこが懐かしいかといいますと、

この矢印が入っている木になります。

私が入社したての頃に、やはり会社が厳しい状況であったので、新規をやっていたころ、兄の力を借りて「ホームページ」を作成し、問い合わせをいただいた会社にフォローを入れていました。
そして、大きな受注を至る過程で、この川の護岸工事が行われ、そして桜の木をその企業が市に寄贈していた次第です。ひと昔以上前のはなしですから、そのころの苗木は
立派とは言わないまでも木になっていました。そちらの会社は、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、市場の変化と共に衰退し、そのあとに業種転換を行って現在に至っておられます。

研究開発部門の皆さんに引き合いをいただきましたので、きっといくつも乗り越えるべき壁は出てくると思いますが、気合が入った次第です。

モノは嘘を付きませんので、最高のものをづくりをできたらと思っています。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 未分類 | No Comments

涼しい味って。。。。

夏の暑い日に、家族で電車で移動していた時の事。
のどが渇いて、駅の自動販売機で何かを買おうとした所、息子からこちらの飲み物を勧められました。

「で、どんな味なの?」

と、聞きましたところ

「うーーーん。あえて言うなら”涼しい味?”」

とのこと。

飲んでみたところ、おっしゃる通り「涼しい味」でした。

なんと、今年の夏には人気が出て期間限定で大きなサイズも売られていたとのこと。

フロムアクア天然水ゼリー 水ゼリー 515g 24本
https://ec.shop.acure-fun.net/c/item/711146_e/

正しい表現かどうかはわかりませんが「若い人の味覚が解らない」年齢に、僕が成っていることを改めて理解した次第です。

「涼しい味」を皆様もぜひ!

失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

お台場にて

コロナ禍に入って、めっきり都心で打ち合わせをすることがなくなったのですが、久しぶりにお台場に行って打ち合わせをする機会がありました。
その帰り道に美しい風景に出会いました。

人工物しか見えないこの風景をなぜ人は「美しい」と思うのかはわかりませんが、なんか幻想的な光景のように思いました。

いろいろありますが、頑張ってまいりましょう!

失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

最近の報道で感じること(実力も運のうち 能力主義は正義か?)

ずいぶん前の話になるのですが、とある地方都市で大酒を飲んで帰路に就く途中に、寒い中、ギターを片手に「変な歌」を歌っている外国人女性を見かけました。
寒空の下、寒そうな恰好をして、その上、外国語でアジアンな旋律で歌を歌」う姿が所謂「路上ライブ」とは違いそうで、気になった次第です。

足を止めて「なんか、楽しい曲を一曲頼むよ!」と、話しかけると、全く日本語が通じなかったので、英語で少し話してチップを出しました。
すると「なんて、親切なの!ありがとう!」と、明らかに母国語が英語でない発音で、一生懸命僕とコミュニケーションをとろうとしてきました。
そして、この本を僕に手渡したところで、制服警官が3人ばかり彼女を囲み、職務質問が始まりましたので、僕は失礼しました。

短い会話でしたがどうやらインド系の新興宗教に帰依して、日本で布教活動を行っていること。管理者は別にいて、パスポートを現在持っていないので、帰ることはできないこと等を話していました。

最近、アジア発祥で多くの社会問題を引き起こした新興宗教が、与党と共に行動していたという報道が注目されています。
「信仰の自由」と「政治と宗教の分離」は、先の大戦後、GHQの指導の下、再度「国家宗教」が力を持ちすぎないように現在の法整備がされていると理解していますが、そもそもアメリカは「宗教国家」でありますし、
現在の問題としてハーバード大学のマイケル・サンデル博士がその著書

「実力も運のうち 能力主義は正義か?」
出版社 ‏ : ‎ 早川書房 (2021/4/14)
発売日 ‏ : ‎ 2021/4/14
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本 ‏ : ‎ 384ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4152100168
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4152100160

で、議論されているように「現世の幸せを求める宗教」は、果たして宗教なのか?と、いう問いもございます。
貧しい原因が「現世の努力が足りないからだ」という「能力主義」と呼ばれている考え方を「経済的流動性」の分析によって否定しているわけです。
つまり昨今のアメリカで日曜日にテレビで「祈りが足りないから、あなた方は不幸せなのだ」と、宣う新興宗教的な宗派に対して、真っ向からデーターで否定し、
「親の経済状況と相関する」という事実を論評しています。確かに、GAFAの創業者たちももまた経済的には恵まれた環境であったことは間違えないですし、
ドナルドトランプ氏を押した所謂「貧しき白人」達の怒りが、プロテスタント教会の掲げる「平等意識」に裏打ちさせているとの論説で、
テクノクラートたるオバマ氏達の存在が「社会の問題でなく、あなたの問題だ」と問われることによる反発と手厳しい内容となっています。

話を戻しますと、一周回って「新自由主義」を掲げていた人々は「既得権益をぶっ壊す」と、言いながら、自らが恵まれた環境に生まれ、そして、
あたらしい「既得権益」を作って、糊口をしのいで生活している人たちの会社の経営陣に名を連ねていたというのは、まさに前出のアメリカの牧師たちと
同じではないかと。そのように感じています。

このいただいた2冊の本は、斜め読みして捨ててしまいましたが、僕にはとても理解できない内容でした(いろんな意味で)

そして、マイケル・サンデル先生の著書を読了した後に

”現在「能力主義」と評されている言葉の語源がmeritocracyであり、本当ならば、能力主義ではなく功績主義と表現されれるべき
場合がある”という解説を本田由紀(東京大学大学院教育学研究科教授)にも驚きました。そもそも「能力が低いからあなたの評価が低い」と、いう意味ではないわけです。
世界平和を語りながら「徳を積む」ことを求める人たちもまた、同じではないでしょうか?本人や家族にそれらを強要する人たちもまた、テクノクラートに成れなかった
人々から搾取することによって、新しい権益を作っているのではないでしょうか?そんなものは、宗教とは言えないのではないかと。そんなものは保護するべきものでは
ないのではないかと、そのように感じている次第です。

きっと、遠くの国から布教に来たあの女性もまた「自分や誰かを幸せにしたい」という思いであった筈です。その心を利用している人々に僕は、憤りを感じます。

もっと、激しい言い方をしたいのですが、この辺にしておきます。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき, 私と読書 | No Comments

「円安が日本を滅ぼす」を読んで

昨今の経済状況を考えると一番のトピックは「円安」であり、それをどのように読み解く必要があるのか、自分なりには理解しているつもりではありますが、向学のために、本を購入いたしました。

それが、此方

円安が日本を滅ぼす-米韓台に学ぶ日本再生の道 (単行本) 単行本 – 2022/5/23
出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社 (2022/5/23)
発売日 ‏ : ‎ 2022/5/23
言語 ‏ : ‎ 日本語
単行本 ‏ : ‎ 240ページ
ISBN-10 ‏ : ‎ 4120055388
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4120055386

です。

前書に書かれているのですが「日本の地位が”韓台”と比較すると下がっている」事を論説すると「面白いのか!」「とんでもない!」と、非難や誹謗中傷がたくさん来るそうですが、それでも尚、日本との違いや、良いところと悪いところをを紐解くによって、「日本の問題と今後を考える」という事の大切さは変わらないと、述べられています。その為、辛辣な内容であり、その内容は、批判を政界のみならず財界にまで及んでおり、とても興味深いです。
私の知るところでは、政治に関しては多くの批判を書いている人は居られるわけですが、「経済界」の「失敗」をこれだけ細かく分析している本は、非常に珍しいと感じました。具体的には、日本の垂直統合型で年功序列な経営者が政治に「補助」をもらったり、円安誘導を政治にお願いした結果が、現在の状況円安に続いているのであり、これは、日本全体が80年代前半までに成功した「体験」が、根拠になっていると、手厳しい内容です。

つまり、著者は多くの批判を覚悟しながら「必要なのは補助では無く、規制の排除」という切り口を多くの数値と分析結果を基に論説しています。そして、日本のピークは80年代後半から90年代初頭であり、その頃の政治、経済界の判断ミスが現在の失われた30年間の本質でで有ることも論理的に説明していることが、肝となっております。

そもそも、日本の経営者の失敗は「利益」(粗利と言う意味)ではなく「数の経済性」に固執した結果であり「メモリー」に固執し「ロジック」を開発する能力がなかった日本の半導体は「成功」したのでは無く、当時から既に負けていたという分析は、ある程度の微電やコンピュータの知識がある人ならば、大いに頷く指摘だと思いました。勿論、液晶パネルの話も出てくるのですが、私はよく友人に

この本を読んで、思い出したことがありました。以前私が新自由主義が流行った頃に、友人経営者と議論をしているときのこと。当時の大企業経営者が「選択と集中」なんて言いながら皆が「液晶」の分野に会社のリソースをつぎ込んだのは、全く理解できないと話したところ、沢山の批判を浴びたことを覚えています。私は、マイケル・ポーターの競争の戦略について触れたところ「時代錯誤だ」と切り捨てられた思い出です。全く同じ事を野口先生が述べられていて、20年の月日を超えて、間違っていなかったと確信しました。

話を戻しますと、著者の考える今後の日本に対する再生のヒントは「農業の在り方」や「テスラから学ぶこと」。そして「ライドシェア」から見える「岩盤規制」に変化をもたらすこととなって居り、未来に関しては、具体性に欠けるというか、論評が少ないとも感じました。とは言え、非常にわかりやすい内容です。お勧めです。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

それでは、失礼します。

カテゴリー 私と読書 | No Comments

マスク着用について

コロナ禍で、当初は不織布マスクが手に入らず、会社で支給していたのですが、先月の会議で、一部「自分で購入して、着用する」
という議事録を見て、押印いたしました。思えば@1000円以上の時もあり、売上が下がる中、稟議書を見てプルプルしながら押印したこともあった事を
昨日の事のように思い出しました。

そんな中、最近利用しているのが此方

 

 

 

シャープさんのマスクです。シャープさんが参入したときには、皆が拍手喝采で、申し込んでも全く当選することは無かったのですが、約1年くらい前から、当選回数が増して、購入する事が出来るようになりました。

「おお、高いマスク使ってますね!」

なんて、言われることもあるのですが、敬意を表して未だに購入しています。
流通各社のマスクは、確かに個別包装がしてあったり、1日経つと丁度使えなくなったり、気が利いているわけですが、
それでも、あの大変なときに、立ち上がったシャープさんを僕は素晴らしいと思います。

私も、そうありたい。
願いを込めて、誇りを持って使って居ります。
勿論、予備は、個別包装の普通のマスクも持ち歩いて居ります。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

たまにはゴルフもやります!

最近は、コロナ禍で、ゴルフコンペもめっきり減ってしまい、ゴルフをやる機会も殆ど無いのですが、
時々は、ゴルフに誘われることもございます。そんな中、自宅から60kmしか距離の無いゴルフ場を選んでだのに、事故渋滞で3時間も掛けて現地に到着し、
たどり着いたゴルフ場でこんなコースが。。。。

わざと写真を大きくしております。
どこ狙えって??そりゃー、ゴルフは、旗を目指して打つスポーツですけど。。。。。。

と、思って写真を撮りました。

勿論、僕のボールは、見事に池に消えていきました。

でも、楽しいですよね。

失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき, 未分類 | No Comments

野球って楽しいですね!

過日、野球チケットを知り合いか頂戴し、久しぶりに野球の試合を見てきました。

余りにも久しぶりな上に、指定席も久しぶりでしたので、塩梅を忘れてしまいまして、暫しウロウロしていました。

2階と申しましても、実質3階の席でしたが、なかなかの場所で、臨場感に溢れて、付き合ってくれた息子も大興奮。

ユニホームも受付で頂いて、僕も暫し、素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
やっぱり、ライブでスポーツを見るのは楽しいですよね。。。。。また、機会があったらうかがいたいと思いました。

ありがとうございました。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

ワイン畑に思うこと

ゴールデンウィークは、久しぶりに家族で旅行に行って参りました。
本来は、工場の保全工事を行うことが多い時期なのですが、折りからのコロナ禍で部品が手に入らず、
10連休となり、折角なので、家族で力した次第です。

伺ったのは、大学の先輩が経営する静岡県の温泉付ホテル。
何回か、行事でお呼ばれしていたのですが、プライベートで伺ったのは、はじめてでした。
そちらのホテルには、ワイナリーが併設されており、その広大なワイン畑を見ながら思うところがございました。

先輩は、二代目社長で、創業者の方は、ベンチャー企業経営者として高名な方であったのですが、
元々はスポーツ選手で、ケガをして断念。社食から身を起こした異例の経営者でした。

引退後は、ベンチャー企業経営者の輩出に尽力されたり、急逝されたベンチャー企業経営者の生活を支えたり
放逐されたプロ野球の名監督を面倒見たりと、それは、それは、五徳(仁義礼智心)を地で行っている様な方でした。
講演会や記念行事などでお見かけするときも、お供を連れて歩かず、普通に参加者と談笑している姿が印象的でした。

勿論、此方のホテルも地域振興と、自分と同じようにスポーツを愛する青年達のために作った施設で、
その日も沢山の青年達が汗を流していました。

私は、そんな凄い経営者には成ることは成る事は出来ないとしても、憧れを持って目指すことは可能であろうと、
飲み放題のワインを飲みながら、考えた次第です。

こんな時代ですが、夢を持つのは、良いことだなと。
そんなことを考える休日でした。

失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら
千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments
ページトップへ