代表取締役社長 鈴木信夫のブログ

日本全国豚汁定食の旅(姥捨てSA上り線)

 

 

 

まえがき
「何故?豚汁定食?」というお話をさせていただきますと、職業柄、車でいろいろな場所に営業に行くのですが、外食が増えますと、体調を壊す事が多くなった時期がございました。殆どの場合急いでいますし、好きなものばかり食べていると、壊してしまうと考え、色々試しておりましたところ、「豚汁定食」ばかりを食べていると、体調がよいということに気がつきまして、とりあえず、食べる事にしました。そうしていると、ひとつの事に気がつきました。「豚汁定食」は、殆どの場合「最も安い定食」であり、それが美味しいPA、SAは、大体、何を食べても美味しいという事です。つまり、「一番安い定食にも、心がこもっているところは、他もおいしいのではないか?」と言う仮説に基づいて、論評しております。
実際は、そんな事はないと思うのですが、暴論として読んで頂けると幸です。

本文

今回、伺ってきたのは
姥捨SA(上り)です。

SAのURL

https://www.driveplaza.com/sapa/1820/1820041/1/

 

それでは、早速食べてみました。

 

 

 

 

豚汁  ★★★
ごはん ★★☆
サイド ★★☆
その他 ★★☆

9点です。

 

豚汁は、旅人に優しい感じで美味しかったです。

また、ご飯に関しては、関西のように量を選んだりは出来ない様子です。サイドディッシュに関しては、ハムカツとあじフライが選択できるようですが、少し地方色的なモノも入れた方が良いかなと。

そのように感じた次第です。

 

 

 

蕎麦は、手打ちで提供されていたり、その他観光的にもバッチリです。

皆様も是非、お立ち寄り下さい。

 

それでは、失礼します。

 

 

 

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日本全国豚汁定食の旅 | No Comments

パソコンの更新

過日、実家のパソコンをリニューアルするということで、設定やらなにやらを3週間に分けて行いました。

そこそスペックの高いHPをネットで購入したのですが、やはり嵌まったのは「MSアカウント」本当に煩雑で、何度も再立ち上げを行いました。以前のパソコンよりセッティングしやすくしてくれても良い気がしますが、本当に疲れました。


 

そんな中、最も驚いたのがモニターのケーブル。こちらのDVIのシングルリンクと言うそうです。ほぼ初めてのコネクタで、準備万端かと思いきや、変換コネクタを購入するという失態をしてしまいました。

解った気で居るのが一番怖いと申しましょうか。兎に角、驚きました。

なんとか、かんとか立ち上げるのが終わったのですが、なんだか100%でない気もいたします。イライラし居りましたら、母がコーヒーを入れてくれました。

 

 

 

私が以前使っていたコーヒーカップで。。。。。。

なんだか、しんみりしてしまいました。全然親孝行が出来ていないことに改めて気づいた次第です。

とても、心に染みました。

それでは、失礼します。

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき, 未分類 | No Comments

二人で食事

過日、ウチの兄貴と二人で食事をしました。
以前でしたら、よく飲みに行った訳ですが、そこはコロナ禍。最近はご無沙汰でした。
近所のファミリーレストランで、ハンバーグを二人で頼んで、たわいも無い話をする。
そんな当たり前のことが特別な事のように思える昨今の状況を非常に悲しく思います。

何だかんだ言ってもこの状況を受け入れるしか無い。
たまには、こんな日も良いと思いました。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

謹賀新年2021

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに輝かしい新春を迎えられた事とお喜び申し上げます。令和3年の年頭にあたり謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

さて、去年はコロナウイルスの広がりが、生活にも経済にも大きな影響を与えた年でございました。
流行語大賞であった「三密」という言葉が表しているように、新しい生活様式や、変化を求めている状況であろうかと考えております。

そんな中、千代田第一工業は、ご愛顧頂いているお客様のお力と、私と違った才能溢れる社員達によって、なんとか年を越すことが出来ました。
決して今年も楽な年にはならないと思います。ですが、飛躍の胎動を感じています。社内的にも、社外的にも、以前とは全く違ったお引き合いや
実績が出ております。それは、以前からお仕事を頂いている方も居られれば、ここ数年で実績を持つに至ったお客様も含めてです。

こんな時代に、捌ききれないほどの研究開発案件や、新規案件を抱える事が出来ているのは、それは私どもの信じるところの「モノづくり」が、
まだまだ日本に、世界に求められているからだと、確信しています。「”モノづくり”から”コトづくり”」なんて、もてはやされていた時代もございますが、
私は、それでも「モノづくり」に、邁進したいと思っています。この胎動を無事に育て上げる事。それが今年の千代田第一工業に求められていることだと
考えております。

願わくは、今年も変わらぬ、ご指導の程、お願い申し上げます。

令和3年1月吉日 

千代田第一工業株式会社
 代表取締役 鈴木信夫 

ご期待下さい。

カテゴリー 日常のつぶやき, 未分類 | No Comments
ページトップへ