「街の中の夢工場」Blog

2023年1月30日
LSD

あめもと@営業です。

 

LSDと言っても危ない薬のことではありません。Long Slow Distanceの略でゆっくりと長い距離を走るというランニングのトレーニング方法です。毛細血管の発達を促し全身の持久力を高める効果があるとされています。

ゆっくり走るというのもなかなか難しいもので、流行りのカーボンプレート入りシューズなどではどうしてもスピードが出がちになってしまいます。ということでセールになっていたのでLSD専用シューズなるものを購入してみました。

アディダスのAdistar CSというモデルです。CSはCushion Stabilityの略なようでクッションと安定性に優れた靴だそうです。ご覧の通りものすごい厚底です。

横から見ると底面が弓なりになっています。かかとから爪先への体重移動をスムーズに行う構造とのことです。

シューレースの通し穴がたくさんあります。これでフィッティングを自分好みに調整できるようです、長時間走るとなると確かにフィッティングは重要です。

 

とりあえず走ってみました。ダメです、ユルユルでした。一旦止まって締め直します。脱ぎ履きが面倒な靴ですね。気を取り直して走ります。思ったより感触は硬いです。フワフワした感覚はあまりありません。ソール幅も広いので安定感は抜群です。左右へのグラつきがしっかり押さえられています。

確かにスピードは出ません。が、脚が止まることもありません、自然に転がる感じです。よく考えられていますね。触れ込み通りLSDには最適なことが良くわかりました。さてあとはどれだけ実際に活用していくかですな。地味な練習で時間もかかるので今まで避けてきたLSDですが今年は頑張ろうかなと思っています。

 

 

2023年1月23日
見えないんですよ。

いいじま@営業です。

 

齢51になってしまったのは、前回のブログでお伝えした通りです。

 

私は40歳を過ぎたところから老眼が始まっております。そもそもの始まりは製造の若手に「品物の状態を確認して欲しい」と呼び出されたところからです。「ここなんですが・・・」と指摘を受けますが、全く見えません。「どこどこ?」と言うものの若手が指示したところには何ら問題がないのです。そこで・・・眼鏡を外してみますと・・・見える。見えます!

 

これが老眼か・・・と内心凹みました。老眼て見えなくなるのではなくピントが合わないんですね(笑)。

 

お見積り依頼を頂く際もお図面をお預かりする事があります。まだ、老眼が始まったころは何とか頑張れましたが、今は到底無理です。眼鏡をはずして何とか。という段階も過ぎてしまったようです。恐るべし老眼。とは言え何とか文字を解読し、お見積りしなくてはいけません。

 

そんな時出会ったがこちら。デスクルーペ。私のものは約3~4倍くらい拡大してくれてます。見た目もお洒落で大満足です(笑)。直径80mmと見える範囲は限らておりますが図面の上をスルスル~っと自由自在に動き回っております。

 

皆さんは老眼対策どうされていますか?

ではでは。

 

2023年1月16日
街の時計屋さん

あめもと@営業です。

20年来使用している腕時計の本体とベルトを繋ぐピンが摩耗して抜けてしまいました。ダイクロンで肉盛補修することも考えましたが、電極を取り付けられないので泣く泣く断念。直してくれるお店を探すことにしました。

ネットでつらつらと調べたら自転車で行ける場所に発見、電話してみると「今から持ち込んでくれればすぐに直してあげるよ」と快く応じて頂けました。早速伺うことにしました。お店の外観はまさに町の時計屋さん、一歩店内に入ったらびっくり、時計の修理、整備用の機械や工具が所狭しと並んでいます。どうやらかなり高度なメンテナンスまでされているようです。

 

御主人に時計を渡すと、やおら各サイズのピンが入ったケースを取り出し最適サイズの選定を開始、あれよあれよという間に作業終了。ついでに長年使っていなかった時計の電池交換もお願いしました。こちらもあっという間に手際よく作業終了。代金は2点で2,500円。想定よりずっと安く済みました、ありがたい。

せっかくなので今度時計のオーバーホールはこちらにお願いしようと思っています。ご近所にこんな技術を持つ方がいるとはビックリの休日でした。

いいじま@営業です。

 

あけましておめでとうございます。旧年中は当ブログをご覧頂きありがとうございました。

「ブログ見てますよ」とお知らせ頂けますと読んでくださっている方もいるんだ。と励みになります。本年も徒然なるままに飴本と交互に書き連ねていきたいと思います。

 

毎年のように書いておりますが、実は明日1/11は私の誕生日になります。いやいやプレゼントなんてそんなお気遣いなく。とこれも毎年のように書いております(笑)。

今年で齢51になります。人生の折り返し地点はとうに過ぎ、終盤と言ったらまだまだでしょうが後半戦に突入しております。

 

そんな中、昨年はどうだったかと言いますと、7月にコロナに罹患し11月には怪我をして入院、と散々な一年でした。いろんな人に支えられ、いろんな人と繋がりがあるんだと思いはしましたが、こんなに酷い年もあるんだと年末はウナダレ気味でした。

今年は心機一転いい年になるよう「切に」願っております。ホント頼みますよ神様(笑)。

 

皆様にとってもよい一年でありますように。

ではでは。

 

 

あめもと@営業です。

先日、今年2回目のフルマラソンを走ってきました。湘南国際マラソンは大磯スタート、江ノ島を折り返して大磯プリンスホテルのゴールまで海沿いを走る有名レースです。過去に最も良いタイムの出たコースなのでエントリー時は今回こそは!と思っておりました。先に結果を申しますとワースト2の惨憺たるタイムでございました。怪しい風体ですがスタートまでマスク必須ということでこんなスタイルで整列しています。

振るわなかった理由はいくつもありますが、最大の敗因は前日ゴルフをラウンドしたことです。「まっすぐ打ってなるべくカートに乗る作戦」を目論んでおりましたが当然のように右に左にボールは跳ねまわり、無駄に走行距離を重ねてしまいました。スタート時に下半身に張りを感じましたが、気のせいではなかったようです。乳酸満タンでのスタートになりました。

他にも気温がかなり上昇したこと、ダイエットができず腹回りにウェイトを巻いた状態で走ったことなどダメだった理由はいくらでも上げられます。

今回はエコに配慮したレースということで、マイボトルを持って走ることが義務付けられました。給水所で補充をしながら走るということだったのですが、初めての試みのため参加者も運営側もかなり戸惑いが生じていたように感じます。まあしょうがないですね。給水も給食もノボリなどの案内がなく、道幅も狭くランナーの密度も高いので、直前になって初めて気付く箇所が多かったようです。かなり気を付けて水分補給をしたつもりですが、後半は気温も相まって幾分脱水症状気味になりました。

 

因みにフルマラソンは補給食を取りながら出ないととても走り切れません。今回はこれだけウェストバンドに仕込んで走りましたが、それでもゴールした時はペコペコでした。足吊り防止にマグネシウムやらコムレケアやら投入しましたが練習不足の脚には追い付きませんでした。30キロからはホントに地獄でしたね。こんなタイムだと周りも死屍累々、まともに走れている人は皆無でした。

なんやかんやで這う這うの体でゴール、やっぱりフルマラソンは身体に悪いと実感した一日でした。さすがに卒業しようと思っていますが、しばらくすると性懲りもなくエントリーしてそうな気がします。

 

 

 

 

2022年12月19日
メリークリスマス

いいじま@営業です。

 

今週末はクリスマスですね。子供の頃はワクワクが止まりませんでしたし、青春時代はそれはそれで・・・(笑)。今は子供と過ごせることに幸せを感じております。

 

皆さん「クリスマスイヴ」ってなんで24日なのか不思議に思った事ありませんか??ウチの長男坊はキリスト教系の学校に通っております。昔で言うとミッション系と言うやつです。息子が長年の疑問に答えてくれました。

 

クリスマスイヴのイヴはイブニングのイヴなので、クリスマスの夜と言う事になるそうです。では何でクリスマスは25日なのに、クリスマスの夜が24日なんだって事です。

 

それは現代と違い、昔は日没を迎えると次の日になるからだそうです。つまり昔は24日の夕方を迎えると25日になるので、(現代で言う)24日の夜がクリスマスイヴ=クリスマスイブニングと言う事になるのです。

 

よって、25日の夜に「本番は今日だから」と言うのは間違いで、昔で言いますと25日の夜はもう26日の夜なのです。25日の夜は24日の夜にしか来ないのです。とわざとわかりにくく書いたりして(笑)。皆さんご存知でした?

 

私の投稿は本年最後となります。お付き合いいただきありがとうございました。来年もまた宜しくお願い致します。Merry Xmas & Happy New Year !!

ではでは。

 

 

 

2022年12月12日
マッサージガン

あめもと@営業です。

10年近く選手として水泳に取り組んできた長男がこの夏で引退しました。全国大会出場という目標は果たせなかったものの、我が子ながらよく頑張りました。盆休みも正月休みもほとんどなく、ゴールデンウィークや夏休みは早朝と夕方の2部練!股関節を骨折した時も1週間休んだだけで、上半身だけのトレーニングメニューをコーチに組んでもらって泳いでいました。

日によっては10km以上泳ぐので身体のケアは必須です。本人も人一倍その手の情報が好きで、マッサージグッズやケア用品を取り入れていました。このブログで紹介したマッサージグッズはほとんどが長男に買わされたものです。

 

各種グッズの中でここ数年最も使っていたのがこちらのマッサージガンです。

 

「トリガーポイントに当てて筋膜リリースを」という小難しい話は別に、とにかく気持ち良いです!充電式なのでケーブルもなく取り回しも楽々です。写真は一番使う球形スポンジが取り付けられていますが、このほかにも様々な形状のアタッチメントがありピンポイントのマッサージもできます。

 

なかなか貸してもらえませんでしたが、引退した今、めでたく使い放題になりました。ランニング後にふくらはぎや腿を中心に、足裏、足首、腰とほぐしていきます。強さもちょうどよく癖になります。

ちなみにネットでマッサージガンを検索するととんでもなく種類があります。こちらの商品は約10,000円でした。コストパフォーマンスは高いと思います。

2022年12月5日
魔改造

いいじま@営業です。

 

訳あってロードでの通勤を暫く封印する事に致しました。とは言え、自転車通勤は続けるので今後通勤自転車としてはペダル固定のないMTBかトーキョーバイクになります。トーキョーバイクは私が自転車にハマったきっかけになった自転車でかれこれ15年位乗っている自転車になります。また、魔改造を繰り返し今ではフレームのみ原型をとどめるに至っている車体になります。

 

他の自転車から取り外した部品などを付け替えてアップデートを繰り返しております。今回の改造はフロントシングル化です。何かというとリアスプロケットをワイド化して、フロントディレイラーを取ってしまう。と言う事です。これにより変速機のトラブルやメンテナンスの軽減化、車重の軽量化等が見込めるという訳です。

 

そもそもはスラムと言う会社がナローワイドチェーンリングを発表した事に始まります。ただ単にシングル化しただけではチェーンが落ちて(外れて)しまうためチェーンガードが必要でしたが、チェーンの形状に合わせ、ギアの歯を薄いものと厚いものを交互に配置する事で、噛み込みが良くなりチェーン落ちがほとんどなくなりました。これは最早発明です。

 

レースなどの過酷な環境で使用する際に、変速機トラブルが少しでも減ればライダーとしてはその方がいいに決まっています。私も(レースには出ませんが)マウンテンバイクを数年前にシングル化したので、今回はその時取り外したパーツを移植致しました。

 

余ったパーツを付け替えただけですので、今回はチェーンリングのみ購入と安い費用で満足度の高い改造となりました。トーキョーバイクいい自転車です(笑)。久し振りにHPを拝見すると私が購入した当時の倍近い金額になっておりビックリしました。これから自転車始めようとする方の1台目だと少し敷居が高いかなぁ。

 

通勤は楽しくなきゃと思う次第です。

ではでは。

いいじま@営業です。

 

今回も自転車のお話。タイヤは白い汗をかくのはご存知ですか?もちろん知りませんね(笑)。

今、ロードバイクで使われているタイヤの種類は4種類。クリンチャーとチューブラーとチューブレスとチューブレスレディです。何やらややこしいですね。

 

【クリンチャー】

皆さんが最も目にするであろうタイヤがこちらになります。タイヤの中にチューブを入れて使います。パンクした時自転車屋さんに持って行くとこのチューブにパッチを当ててパンク修理をしてくれます。ロードバイクですと車輪が外れるのでパッチではなくチューブごと交換してしまう事の方が多いです。

 

【チューブラー】

タイヤがプールで使う「浮き輪」状になっていて、これを車輪に接着剤(リムセメント)又は専用の両面テープで貼り付けます。クリンチャーよりも真円度が高く、リム打ちパンクもしないのでレース向きと言えるタイヤかもしれません。専用の車輪が必要になります。

 

【チューブレス】

構造的にはクリンチャーと似ていますが、専用の車輪を使う事に加えタイヤ自身の気密性が高いので、その名の通りチューブを使用する必要がありません。チューブがないのでリム打ちパンクしないのとチューブが無い分空気が入る容積が増えるので、低圧で運用する事ができます。低圧にするとクッション性が増すので疲れにくくなる。と言う算段です。

 

【チューブレスレディ】

クリンチャーの車輪に特殊なリムテープを巻いて気密性を上げ、専用タイヤを使用します。それだけではエアリークしてしまうので、更にシーラント剤と言うパンク補修剤を入れることで気密性を上げるという仕組みです。チューブレスの様に専用の車輪でなくとも換装する事ができ、チューブレスとほぼ同等のメリットを享受する事ができます。(全ての車輪でできるわけではありませんので、ご注意!)

 

このチューブレスレディがコンビニエンスなので、私は使用しております。タイヤを取り付けシーラントを入れて一乗りするとタイヤにあいている目に見えないような穴をシーラントが塞いでくれます。その時タイヤが白い汗をかくのです。説明なが~。スミマセン。

 

最近では自動車もスペアタイヤではなく、パンク補修剤が装備されるようになりました。自転車で小さな穴をふさいでくれるのはわかっていますが、車のパンクもこんなもんで直るんですかね???車のタイヤも白い汗をかくかもしれません。

今回はいつにも増してマニアックでした。

ではでは。

2022年11月14日
ノイズキャンセリング

あめもと@営業です。

何回かイヤフォンの話題をこのブログでも取り上げてきました。今まで紹介したものはランニング時に使うスポーツタイプばかりでしたが今回は普通のイヤフォンの紹介です。

AVIOTのTE-D01vというモデルです。いわゆるトゥルーワイヤレスというタイプですね。このタイプは出始めた時期に安いのを1台買いましたが音質、フィット感、電池持ちなどとても満足いくものでありませんでした。電車の中などでは頻繁に断続してストレスフルでしたね。

 

次男が半年ほど前に別のモデルを購入して使っていたのですが、片耳側の調子が悪いと嘆いていました。すっかり諦めモードに入っていたので父の出番です。このメーカーは充実したサポートを売りにしているので、サポートセンターに症状を相談したところ、後継機種を頂ける運びになりました。(モンスタークレーマーじゃないですよ、製品保証登録してメールで数回やり取りしただけです)

 

で、届いたのがこちらです。せっかくなので試しにペアリングして使ってみました。ビックリです!こういったガジェットは日進月歩で進化してますね。価格帯から言ってもスタンダードモデルの位置付けですが、ノイズキャンセリングもしっかり効きます。フィット感もいいし、何より軽いです。驚いてしまうのはバッテリー性能です。イヤフォン単体で18時間、ケース併用すると60時間ってどういうことですか。充電は月に数回もすればいいというレベルなんですね。

 

音質はマイルドですね。スタンダードモデルでドライバーもφ10㎜ダイナミック型ということなので高音がとてつもなく伸びるとか低音の迫力が凄いというのではなく、聞き疲れしにくいやさしい感じでした。

 

父を尊敬するように言い渡して次男にプレゼントしてやりました。スタンダードモデルでこのレベルなんですからSONYやBOSEのハイエンドモデルはどんな音がするんでしょうね。