代表取締役社長 鈴木信夫のブログ

幸せのお裾分け

実は、一人の会社のメンバーの命が、救われた経験を致しました!
心肺蘇生法(CPR)を人生で4回行ったことがある私ですが、今回もとても嬉しかったので、幸せのお裾分けをさせていただきます。

 弊社はではコロナ対策として、体温37℃以上での出社停止と、血中酸素濃度90%以下での出社停止。そして、手洗い、消毒、マスク着用といった施策を行っているのですが、
過日、初めて酸素濃度が70%という職員が出て、自宅待機を命令しました。

「血中酸素濃度測定?」と、思う人もいるかも知れませんが、Facebookでフォローしている尊敬する経営者の方が、雑誌の記事を引用してその有用性について書かれて居たのを拝見し、
自分なりにインターネットで調べましたら、今回のコロナ対策の一環としては意義深いと考え、即購入いたしました。名前は、仰々しいですが、1万円程度で購入でき、
老人福祉施設では、体温、血圧の次に測定するような手軽な検査となります。詳しくは調べていただきたのですが、今回のコロナウイルスに感染して、リスクが高いのは
肺がやられて酸素をうまく体に取り入れることができなくなる事で、前出の施設では誤嚥性肺炎の早めの処置をするためだとか。

話を戻しますと、今回、会社を休んでいただいた方は、再雇用をお願いしている方で、大変なスポーツマンで、弊社では数少ない(?)健康的な方でした。
その方が、朝礼前に、彼が血中酸素濃度計の前で戸惑って居たので声を掛けると、数値が70%台だったので「会社都合のお願いなので、今日は出勤扱いです。
今日の所は、おうちに帰って休養してください。また、調子が悪いようでしたら病院に行ってください」と、お願いしましたら、渋々帰宅して下さいました。(本人は、職人気質なので、納得いって居ませんでした)
その後の報告によると、帰宅後、念のため病院に伺ったところ、血圧や体温も上昇しており、とても危険な内臓疾患が見つかったということでした。
「九死に一生を得た」とは申しませんが、少なくとも、彼の健康を守る為の手伝いが出来たことを本当に嬉しく、そしてありがたく感じました。
(ご紹介して頂いた経営者の方にもお礼を申し上げました。)

 一緒に商売をやっている兄貴(ご存じ!)には「WWWこれで、あの機械の元は取ったな!!」と、喜びを分かち合うことができましたし、
口の悪い社員は「あんなオモチャみたいな機械で測定とかいって、社長も変なこと言うなーと、思って居たけど、役に立ったんで見直した」と、宣って居たと報告が上がってきました。
酷い人になると「実は、昨日まで、測ってないのに、朝礼でをテキトーな数値に言って居ました
(現在はコロナ対策の為に、全体朝礼は行わず、幹部朝礼後、部署ごとに朝礼をやってもらっており、その時に全員数値を発表することになって居ました)が、今日からちゃんと計ります!スミマセンでした!」など、
聞かなくても良いカミングアウトをわざわざしに来る社員もいましたが、総じて喜んでくれた様子。

とても、嬉しくて此方に書かせていただいた次第です。勿論、現在その方は、いつもと変わらず働いていただいており、胸を撫でおろしております。
兎に角、健康を守れて、命を守れて幸いだと思いました。買った目的とは違うけど、まずは「結果オーライ!」だと思っております。
世の中真っ暗闇ですが、幸せな気持ちをお裾分けできたらと存じます。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

コメントをどうぞ

ページトップへ