千代田第一工業株式会社

ダイクロン、ブラストロンなら千代田第一工業株式会社。
めっき加工処理ならお任せください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • Web一発見積り
  • 印刷用ページ
  • 営業直通TEL03-3488-4211 FAX03-3430-2651

お問い合わせ

営業直通

TEL 03-3488-4211

FAX 03-3430-2651

メールでのお問い合わせはこちら
Web一発見積り
問い合わせフォーム不具合に関するお詫び

ブログ紹介

コンテンツ

ブラストロン

すべり性と耐摩耗性を極めたダイクロン処理

当社独自の技術により、表面が泡状で硬さがHv1000前後の、滑り性と耐摩耗性を兼ね備えた表面処理です。表面処理にはJIS規格に定める硬質クロムめっきとは異なる、当社独自の炭化硬質クロムめっき「ダイクロン」の技術が生かされています。

ブラストロンの特徴

(1)特殊な表面形状と特性を有し、抜群の滑り性と耐摩耗性を実現しました。

図1
写真:ブラストロン表面(×3000)

右の写真が示すように、表面形状が泡状で一定粗さの凹凸状をしています。そのため相手材との接触面積が非常に小さいため、摩擦抵抗が小さくなり、抜群の滑り性を有します。この特徴的な表面形状の上に当社独自の炭化硬質クロムめっき「ダイクロン」をコーティングするため、耐摩耗性にも非常に優れます。

耐摩耗性の改善について詳しく知りたい方はこちら

(2)表面形状の特性から離型性(型離れ性)に優れます。

ブラストロン処理を施す母材と相手材との接触面積が非常に小さくなるという特性から、離型性(型離れ性)にも優れます。

(3)お客様の用途に合わせ、様々な表面粗さ施工が可能です。

お客様のご利用用途に応じて、様々な表面粗さ施工に対応しております。
#40, #80, #120, #220, #400, #DX
※#DX仕様の詳細につきましては、お問い合わせください。
※ブラストロン処理後の表面処理粗さについては、原則「めっき前の母材の表面粗さ」に依存します。

(4)凹部にシリコーン処理(特許出願中)の複合技術が可能です。

凹部にシリコーン処理を施すことにより、さらに離型性(型離れ性)が向上し、かつゴミ・チリ等の付着を防ぐ効果もあります。

(5)表面粗さについて様々なデータをご提供することが可能です。

①表面状態写真を撮影することが可能です

②粗さ測定器(Surfcorder SE500)を用いて、表面粗さ(Ra Rz Rq等)が測定可能です。

③疑似ポリゴンによる3D画像により、微細な表面状態管理が可能です。

図1

 

疑似ポリゴンによる3D画像
図1

 

マイクロスコープによる表面状態の確認

どんな(用途・材質・大きさ)に対応できますか?

処理可能限度

長さ:1,000mm 幅:700mm 深さ:400mm ※重量:100kg以下

皮膜処理厚

標準仕様:20μm
※膜厚について、お客さまの使用環境・用途により変更可能です。

適用できる材質

基本的には当社の炭化硬質クロムめっき「ダイクロン」が処理可能な以下の材料に適用可能となっております。
SK・SKS・SKH・SKD・S45C・SCM・SUJ・SUS・FC・AL・BeCu・Cu