代表取締役社長 鈴木信夫のブログ

コンビニでの食事

皆さん、コンビニエンスストアは、ご利用されますか?

ご利用されない方なんて、今の時代はあり得ないのかも知れませんが、私は、極力使わないように心がけております。

理由は、単純で「必要に駆られて利用する機会が多いから」です。不必要に利用すると、「週の半分はコンビニでの食事」なんてことに成りかねません。

例えば、外出が無いときの昼食は仕出し弁当ですが、会社のメンバーの中にはコンビニ弁当を利用している人たちも多いですし、夕食に至っては、残業があれば、近くに定食屋さんもなくなってしまったので、

コンビニエンスストア頼みと成っております。車で外出しているときなどは、地方都市ならいざ知らず、商売柄、工場地帯に伺いますと、定食屋さんが無いことは良くあります。そんなときには、コンビニエンスストア

で何かしらを購入して食事をすることに成ってしまいます。。。

と、前振りが長くなったのですが、今回は、友人のFacebookで「美味しい!」と、聞いていたこちらを選んで購入致しました。

 

 

 

https://naporitanpancho.com/special/familymart-collabo2020/

写真は、以前なので、ベーコン乗せバージョンですが、何れに致しましても「パンチョ」というお店が監修しております。

ご存じない方に説明を致しますと

「スパゲティーのパンチョ」(https://naporitanpancho.com/

という有名なチェーン店がございまして「ラーメン二郎」とは、申しませんが、若者の胃袋を一杯にする素敵なチェーン店です。

勿論、美味しいパスタは色々あるのでしょうがこの「スパゲティー」という言葉。ノスタルジーでもございますし、パブロフの犬かも知れませんが、空腹を誘います。

昨今のコロナ禍の状況ですと、密な店なので、自ら進んでという状況でもございません。そんな中、どうしても食べたくなって、購入した次第です。

その結果は。。。。。

期待を裏切らない「パンチョ」の味でした。色々トッピングが出来ないのが残念ですが、いつかまた「パンチョでお腹いっぱいスパゲティーを食べたい」と、心から思う味でした。

皆様も是非!

 

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

私と読書(風姿花伝)

私は、柔道、空手、レスリングといった格闘技を嗜むのですが、読書も趣味の一つです。
自分の専門に偏ってしまうので、いろいろなジャンルを試しているのですが、時々お世話になっている先生に本を頂戴します。
いつも、有るときは「世界史」またあるときは「学術書」そして、今度頂戴したの
それが、此方です。

 

名前は聞いたことがありましたが、驚きました。何故なら能を芸術にまで昇華させたあの”世阿弥”が書いた秘伝の書「風姿花伝」の現代語訳&解説版だからです。基本的に塑性加工学会の先生なのですが、流石に文化に関しても造詣が深いなと。改めて安心した次第です。丁寧に注釈などを入れながら説明しているので、能への知見が無くても読み込むことが出来ました。(私の知識など、受験勉強+社会科見学レベルでした)

また、驚くことに、この時代の能には「立ち会い」という一種の勝負があったそうです。つまり、どちらが優秀か、勝負をしていたというのです。雅な人々は考えることが違うなと、改めて感じるわけですが、そう言った勝負に勝ち残ったからこそ、その後の名声があるのだと、初めて知りました。そこで初めて秘伝である「序破急」という考え方に繋がって参ります。私自身の解説ではわかり得ないと思いますので、このブログで秘伝の言及は避けたいのですが、そこには「男時」「女時」といった時勢を読む目と感性。そして「花」を大切にするという。なんとも、ビジネスやスポーツにも。そして、人生にも通ずる話が有った次第です。

現代でも沢山の歌謡曲で、自らを「花」と例える事が多いわけですが、この秘伝の書に書かれている「花」という観点で自分を捉えると、年を取ってもパワーが出る。そんな一冊ですでございました。

年齢に関係なく、参考になる本だと思います。

皆様も是非。

 

 

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 私と読書 | No Comments

小さなプレゼント

 

私には、小さな娘が居りまして、本当に可愛く、愛くるしい笑顔で僕を迎えてくれるのですが、最近は色々なプレゼントをくれたりします。

 

こちらは、今年の誕生日プレゼント、折り紙と手紙をくれました。このリボンを付けてくれる当たりが、溜まらなく嬉しいです。

そして、コロナ禍では、お菓子作りに挑戦していました。嫁の指導が良いようで、なかなかの出来映え。以前は、社内で「お菓子作り」が得意な社印が居ったので、時々「手作り○×」なんてものを頂いておりましたが、久しぶりだったので、とても嬉しく思いました。やはり、手作りのもには温かみがあります。

 

極めつけはこちら。「ダルゴナコーヒー」と、呼ぶそうです。韓国発の流行り物らしいですが、とても、とても美味しく頂きました。

彼女の成長に目を細めつつ、未来を考えると寂しいわけですが、今は、只ひたすらに、成長を喜びたいと思います。

 

それでは、失礼します。

 

 

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

コロナ禍の影響

過日、コロナ禍が収まるかに見えたときのこと。

友人で、とある大学の事務局長をやっていた者が人事異動で、九州の出先機関に移動という話を聞き及びまして、一席設けることになりました。お店の予約は、そういったことが得意な友人に任せて、僕は20分前に到着してみると。。。

なんと、閉店していました。

どうやら、Webサイトのデーターベースは、生きていたようで、botが返答していたようです。。。なんという盲点。

そのビル全体に沢山の「ハイエナ的なポン引き」がウヨウヨしていました。結構有名なチェーン店でしたので、驚いた次第です。

予約した友人は、少々遅れてきたので、風営法を違反して、徘徊しているポン引き達には目もくれず、別の居酒屋チェーンに入った次第です。

先程申し上げたように、Webサイトのデーターベースとbotの問題もありますので、皆さん予約の際には、気をつけて下さい。

そして、管理部門が追いつかないくらい、経済的なインパクトを受けていることも予想されます。飲食業全体の未来と、この国の経済を憂えるばかりです。

 

それでは、失礼します。

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

キーボード買い換えました。

過日のブログで、私は、学生時代からノートパソコンを利用していたと言うお話をさせて頂いたのですが、初めて現在デスクトップを利用しております。
そうした中で、どうしても、使い勝手が悪くて、キーボードは新調致しました。そちらが、こちらです。

ht=”225″ class

 

=”aligncenter size-medium wp-image-2782″ />

 
ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードⅡ
https://www.lenovo.com/jp/ja/landingpage/accessorie/thinkaccessories/ThinkPad/1011/0006/

私は、トラックポイントを友人お勧めで使ってからというもの。気に入ってしまい、4台つかいました。そして、ノートパソコンが他のポインティングデバイスの物になって後も、このキーボードの前身にあたるタイプを2台使っておりました。
そろそろバッテリーがおかしくなってきていたので、買い換えたいと三台目のキーボードを物色しておりましたら、この新型が発売されるとのことで、心待ちにしておりました。が、人気が高くファーストロットが手に入らず、レノボのHPにわざわざ
登録して、3ヶ月待って、やっとゲットした次第です。

届くまでの間、数種類のモノを試しましたが、やはり、このタイプが一番使いやすいと思っております。ポインティングディバイスがキーボードに付いていることで、ストレス無くマウスを動かす事が出来ることのみならず、じつは、多くのデスクトップPCのキーボードよりもピッチが広く手首への負担は少ないです。また、手首を痛めないように、マットを引く人も居られますが、これは、人間工学に基づいて角度が付いており、キーボードをいつもより少し前進させると手首と肘の間で固定できる感じです。(解りづらいでしょうか???)とにかく、よく出来ております。

と、熱く語りましたが、好みはあろうかと思いますが、本当に良い買い物を致しました。

ご興味のある方は、是非!

それでは、失礼します。

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

思っていたのと違う。。。

汚い写真で失礼します。

弊社では、3時のお休み時間に「お菓子の配給」が有るのですが「かるかん」と呼ばれる九州のお菓子がその中に入っていたので早速パクり。

 

 

汚い写真で、ごめんなさい。まず、アンコが入っていたことに、びっくり(最近は、かるかん饅頭の方が多いそうです)つぎに、そのアンコが少なすぎてびっくり。。。。。。

2重に「思っていたのと違う。。。。。」と、感じた次第です。

味は、美味しかったんですが。。。。。(以下略)

 

失礼します。

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

開発や検査もやったり致します!

弊社は、中小企業なので、十分な研究開発を行うだけの設備や人材を有しておりません。

そこで、祖父の代から、東京都立産業技術研究センター様(旧:東京都立工業技術センター)を中心に、現在では東京都市大学の機械材料研究室さん等にお願いして、弊社の中長期の研究開発を行っています。

最近は、開発人員の練度が低いので、私自身がめっき処理そのものをする事もしばしば。同じテーマで10年近く研究しているモノから、先週ご紹介した1年単位のモノまで未来を感じることが出来る案件に挑戦しています。

最近、又作業着を着る機会が増えているわけですが、非常に楽しいですし、何より、背筋が伸びます。何故なら「モノは絶対に嘘はつかない。現象には理由がある。何度だって、データや現物を見て情報を得ることが必要だ」という、故藤木榮先生の言葉を思い出すからです。法改正や、業者さんのトラブル。公共機関からのプレッシャーなど、悪い事は、沢山ありますが開発に携わっている瞬間だけは、何もかも忘れて、夢に邁進することが出来ます。千代田第一工業の未来に、乞うご期待下さい。

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

お褒めに預かり光栄です

 

過日、お客様からお褒めの言葉を頂きました。

こちらのアイスの製造工程において、発生していた問題を弊社の一部を弊社の技術で改善して、お褒めの言葉を頂きました。

 

 

と、いうことで、会社で購入して、皆で食してみました。最高に美味しかったです。抹茶感が半端ではありませんし、最後まで美味しく食べられる感じです。ちょっと、高級ですが。

約一年間、可能性を見いだして頂いた、お客様。諦めずに取り組んだ職員の皆に感謝です。

苦労した甲斐がありました!

こんな時代なので、気が滅入ることも多いのですが、弊社の技術がお役に立つ箇所がまだまだ有る。そう思った次第です。

皆様も、是非!

 

それでは、失礼します。

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

好きな映画(グローリー)

先週、映画の話を致しましたので、ついでに好きな映画をご紹介したく存じます。

私が、今のところ「一番好きな映画を一本推薦しろ!」と、言われたら、この映画を迷わず推薦いたします。

その映画は

 

グローリー
https://movies.yahoo.co.jp/movie/6697/
監督:エドワードズーイック

 

 

という、日本では、非常にマイナーでテレビ放映も一度しか見たことがありません。
監督のエドワード・ズウイックさんは、あのトムクルーズ主演の「ラストサムライ」などを手がけた有名な方ですし、アカデミー賞やゴールデングローブ賞の助演男優賞をデイゼル・ワシントンさんが受賞しており、出世作とも言えます。他にも、モーガン・フリーマンさんも出演されており、有名でないのが不思議なくらいです。

 

が、そのりゆうが、理解が出来ない訳ではございません。それは、内容が内容なので、日本人にはピンとこないのかも?と、思うからです。

映画のデータベースallcinemaによる解説によりますと

以下引用

 

南北戦争時に実在した北軍の黒人部隊、第54連隊の運命を描いた大作。若き白人大佐R・G・ショーの指揮の下、米史上初の黒人部隊の結成から、フォート・ワグナーの戦いで彼らが全滅するまでを忠実な歴史考証で再現。激戦の連続の中で黒人たちがアイデンティティを確立していく過程が感動的。その象徴のような黒人兵に扮したD・ワシントンは見事な演技でアカデミー助演男優賞を受賞した。

https://www.allcinema.net/cinema/6697

引用終わり

とのことです。

ここで書かれているように戦争で「全滅」することが決まっている映画です。
僕は、知らずに見たので「おいおい。全滅かよ。救いようがない映画じゃん」と、最初は思いました。しかし、友人達と映画の後に語り合っているときに、ふと気がついたことがありました。

表題である「グローリー」(Glory)
ですが、辞書を引くと

ウェビオ英和辞典
https://ejje.weblio.jp/content/glory
を見て頂くと解るのですが、この言葉には「死んで天国にいく」ということと「栄光あれ!」という願いがあるわけです。日本語にするとむずかしいのですが、映画の中でも「Glory!Glory!」と、声を上げるシーンがあります。
彼らは、死を目前にして思っていたことは、自分たちの死が未来の誰かの希望になることを祈っていたと言うことに気がつきました。二度目に見たときには、改めて、そのシーンを見ると涙腺が緩みます。

「未来の誰か」とは、子孫のことだったと思います。同じように差別を受けている奴隷達でもあったでしょう。でも、GHQが何故、日本に民主主義を齎した(もたらした)のでしょうか?その始まりは「54連隊」の人たちではないのか?と、思ったわけです。彼らの祈りが、僕や子供達の未来を変えてくれた。この映画を見た後には「与えられた民主主義」なんて嘯く奴がいると、必ずこの話をする事にしています。

と、熱くなりましたが、巷には差別や偏見は溢れており、悲しい思いをすることも多いです。また、誰かの幸せを祈っていても、その祈りは届くこともなく、そして、踏みにじられることさえ有ります。

 

それでも、私は、未来を信じて生きていきたいと思います。

「Glory!Glory!」

そうつぶやきながら、私は今という時を生きて行きたいと、本当に思います。

 

是非ともご高覧いただければ幸いです。

 

それでは、失礼します。

 

 

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

 

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments

好きな映画(NUTS)

過日、 Black Lives Matter 通称: 「BLM」運動の報道を見ている時に、こんな報道を見ました。

警官に殺されたジョージ・フロイドの6歳娘、ディズニーの株主になる
https://front-row.jp/_ct/17369815

 

ジョージフロイド氏の警察官による殺人問題は、根が深く、わたしが1989年に経験したバージニアビーチにおけるデモの暴徒化についても、同じような内容でした。

ニューヨークタイムズ記事
https://www.nytimes.com/1989/09/05/us/virginia-beach-is-quiet-after-violence.html

 

 

そして、今回の問題の本質を突いている記事を見つけました。

自分が次の「ジョージ・フロイド」になり得る 黒人男性の告白
https://globe.asahi.com/article/13481765

 

この記事のように多種多様な文化を持ったバージニアでさえ、システムとしての差別を感じる状況の中で、今回の時間おきたミネソタ州。。。。。非常に左派的な街だそうです。今回のミネアポリス警察の署長も黒人女性で、これらの問題を取り組もうとしていた。それ故に、絶望感といいましょうか、無力感は非常に大きなモノであったと想像できます。黒人大統領もでて、時代が変化したかのように思いましたが、まだまだ根深い問題であろうかと思います。

 

さて、今回は、2週にわたって好きな映画の話をしたいと思います。今回の映画は、あくまでも、今回の最初の記事に出てきたバーブラ・ストライサンドさんの出ている映画で最も好きなモノということで、紹介したいと思います。今回の行動はチョット破天荒な彼女らしい行いだと思いますし、なにより、愛が溢れているともお思います。

バーブラ・ストライサンドさんをご存じない方はこちらをご高覧下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89

米国を代表していた有名な歌手で女優さんです。

そして、ご紹介させて頂きたい映画がこちら

NUTS(ナッツ)
http://barbra-archives.com/films/nuts_streisand.html

 

です。

ストーリーは高級コールガ-ル演じるバーバラさんが、お客さんを殺してしまう訳です。
本人は、正当防衛を主張するのですが、陪審員さんや裁判官のウケはすこぶる悪い。
理由は、彼女が高級コールガールだからです。職業に貴賎は無いと思いますが、
それでも、差別されているのは、今も昔も変わらないでしょう。また、国内ではセカンドレイプの話もございます。性に携わる職業であっても、そうでなくても、女性が性暴力の対象になることは、非常に多いわけで、それを疎明しなければいけないという辛さを世の中は理解していない。。。。。

 

勿論、邪な気持ちで見始めたわけですが、引き込まれていきました。
彼女の演技が鬼気迫るモノで、引き込まれます。

そして、彼女が法廷で表題である「NUTS」(馬鹿といういみのスラング)という言葉を用いて証言をする場面が
あるのですが、非常に感動的で、子供ながらに涙を流してしまいました。。。。。。

「あんた達は、私を”NUTS”だと思っているけど、そうじゃない。。。。」と、いう長い台詞
がございます。法廷のクライマックスですので、是非ともご高覧下さい。(邪な気持ちも真っ直ぐになります)

私が申し上げたいのは、たしかに、ジョージフロイドさんは、犯罪を犯したことはある。
だからといって、推定無罪の原則を無視して、軽々しく「どうせ、またやってたんでしょ?」と、思うことは良い。それは、自由だから。でも、口に出したりSNSで語る奴らは、最低だと言うことです。最悪だと思うのです。
そこに至る迄の過程もあり、だからといって殺して良いわけでは決して無い。
この差別というのは巷に溢れており、自分たちは、差別する方にも、される方にも、簡単に転ぶという現実から
目を背けてはいけないと思います。

私は、誰も差別したくはない。なぜなら、愛する家族や友人達。そして、自分自身が差別されたくないから。

そのように思って居ります。

それでは、失礼します。

ダイクロンブラストロンのことなら、千代田第一工業株式会社

狛江市柔道クラブ「池田道場ホームページ」

以前のブログ
http://daikuron.cocolog-nifty.com/nobuo1/

カテゴリー 日常のつぶやき | No Comments
ページトップへ