千代田第一工業株式会社

ダイクロン、ブラストロンなら千代田第一工業株式会社。
めっき加工処理ならお任せください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • Web一発見積り
  • 印刷用ページ
  • 営業直通TEL03-3488-4211 FAX03-3430-2651

お問い合わせ

営業直通

TEL 03-3488-4211

FAX 03-3430-2651

メールでのお問い合わせはこちら
Web一発見積り
問い合わせフォーム不具合に関するお詫び

ブログ紹介

コンテンツ

金型(寸法修正・肉盛再生)

 

金型(寸法修正・肉盛再生)

ワイヤー搬送ロール

金型を製作する際、誤って削り過ぎてしまった。お客様からの要望で急遽金型の寸法を修正しなければならない。と言った部分にダイクロン処理で「肉盛」することで現存の金型を生かすことができます。

抱えていた問題点

・金型を製作していたが誤って図面寸法より削り過ぎてしまった。材料から手配しての再製作では、お客様の納期に間に合わないので、何とかしたい。

・納めた金型お客様の要望で寸法修正をすることになってしまった。納期や費用など削らなければならない問題が多くて対応できない。

ダイクロンで解決!

・部分めっきが可能。
ダイクロン処理は部分めっきが可能です。マスキング処理をすることで、肉盛再生したい箇所のみめっきを施工することが可能です。

・研磨ができる。
ダイクロン処理は通常の砥石で研磨が可能です。金型の底上げ、外周部の肉盛などに最適です。

・処理温度が低い。
寸法精度が必要な金型部品が熱でゆがんでしまっては元も子もありません。ダイクロン処理は60℃前後で処理を行いますので、大切な金型部品のゆがみなどがほとんど発生しません。

・納期が短縮できる。
金型を修正するのに一から作っていたのではお客様の納期にお応えすることができないと言った場合に最適です。ダイクロン処理は一晩で100μm前後の施工が可能です。

・密着性がよい。
ダイクロン処理は非常に密着性の高いめっきです。従来硬質クロムめっきで金型補修をされていて、研磨の途中で剥がれてしまった。といった問題をお持ちでしたら是非お試しください。

・一品から歓迎。
ダイクロン処理は弊社独自のノウハウで治具をお作りしております。また、ビジネスモデルとしましては、少量多品種を標榜しておりますので、一品からの加工が可能です。

・施工にあたって。
金型部品は処理にかかる時間以上にマスキング、治具の製作に時間がかかります。形状・数量によりご納品までのお時間が変わりますので、ご了承ください。 また、金型部品はデリケートな部品ですので、施工にあたりましてはお図面、現物にマーカー等で処理部のご指示をお願いいたします。

ダイクロンについての詳しい情報はこちら