千代田第一工業株式会社

ダイクロン、ブラストロンなら千代田第一工業株式会社。
めっき加工処理ならお任せください。

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • Web一発見積り
  • 印刷用ページ
  • 営業直通TEL03-3488-4211 FAX03-3430-2651

お問い合わせ

営業直通

TEL 03-3488-4211

FAX 03-3430-2651

メールでのお問い合わせはこちら
Web一発見積り
問い合わせフォーム不具合に関するお詫び

ブログ紹介

コンテンツ

耐浸食性・防錆性

硬質クロムめっきの2倍の耐浸食効果

ダイクロンの耐食性(防錆性)

超音波振動子
めっきの耐エロージョン皮膜としての寿命

寿命は、硬質クロムめっきの約2倍。
ダイクロンは、耐食性(防錆性)に対しても効果を発揮します。

イオン交換水中と3%食塩水中において、ダイクロンと硬質クロムめっきの耐浸食性を比較したテストでは、両液中とも、ダイクロンの寿命は硬質クロムめっきの約2倍となっています。

※ここでの寿命とは、浸食ピットが処理材と母材との境界面に達するまでの時間を表す。

また、ダイクロンはコーティング温度が50〜60℃と低いので、母材に対して歪みなどの物理的な劣化がほとんどありません。

一般に鉄系の母材に幅広く利用でき、とくに用途に応じた母材を選定していただくと、非常に優れた効果を発揮します。

めっき皮膜の耐浸食性向上手法

めっき皮膜の耐食性を向上させるためには、①クラックを少なくする、②めっき皮膜の均一性を高める、③めっき皮膜の厚さを増大させる、などが挙げられます。

 

①クラックを少なくする

ダイクロンの特徴である密着性の高さにより、微細なクラックは発生しますが、クラックが母材まで到達することは非常に稀です。クラックが母材に到達しない限り、外部からの浸食はあり得ません。

 

 

②めっき皮膜の均一性を高める

めっき皮膜の均一性を高めるため、弊社ではお客様のお品物1点1点に合わせた補助陽極治具(電極)を職人が手作りしています。品物によっては治具の制作に数ヶ月を費やすこともあります。弊社の加工技術は、どんなに複雑な形状にも対応できる優れたものであり、電解めっきのつきまわりとしては国内随一であると自負しています。

 

 

③めっき皮膜の厚さを増大させる

めっき厚さは標準では20μmですが、お客様のご要望に合わせて薄付(3μm)から厚付(200μm)まで対応可能です。